勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

今年の4月、桜が見頃の時期に吉野山を訪れました。吉野山に登るのはこれで3度目で、奥千本まで行ったことはありませんでした。今回初めて頂上まで登ってきたのでその様子を紹介したいと思います。

吉野山には約3万本の桜が植わっています。見頃の時期に行くと辺り一面薄ピンクに染まる素敵な光景を見ることができます。山の麓から順に桜が開花し色づいていくことから、上千本・中千本・奥千本と名称がつけられています。吉野駅からは奥千本の手前までバスで行くことができます。が、今回はすべて歩きで行ってきました。せっかくなので色々な場所から桜を楽しみたかったからです。

IMG_7353
『修行門』と書かれているここが入口です。西行法師もその昔訪れたと言われており、所縁の場所が残っていました。ここからは険しい坂が続いています。進んで行くと世界遺産・金峰神社が鎮座していました。吉野山の鎮守・金山毘古命(かなやまひこのみこと)がご祭神です。奥千本に進む前にお参りしました。

IMG_7356
神社左手からのルートと右手側のルートがありましたが、一周すると同じルートを通ることになるのでどちらが楽、というのはありません。今回は何となく右手側から行きました。

IMG_7359
ご覧のように柵がないので手すりを持ってゆっくり進んで行きました。転んだら転落します。高所恐怖症の方にはおすすめできません。↓の写真で小さく見えているのが人です。断崖絶壁のような道が続くので注意しながら進みました。

IMG_7360
いったん下まで降りると西行法師が3年間滞在していた『西行庵』があります。その弟子の松尾芭蕉もこの地を訪れたことがあるようです。この付近に奥千本と書かれたボードがあるので記念撮影しました。

IMG_7364

IMG_7363
西行庵を出るとまた坂道が続いています。この坂を登りきると山頂に到着しました。見晴らしが良くて気持ちのいい場所でした。

IMG_7367

IMG_7368

IMG_7371
奥千本は桜を鑑賞するというよりは登山を楽しみたい人向けの場所かもしれません。何しろここに来るまでがハードな山道の連続なので、桜だけ楽しみたいという人は中千本辺りで引き返すのが良いと思います。奥千本まで行かれる場合は、歩きやすく滑りにくい靴で足元に気をつけながら慎重に進むことをおすすめします。車の通行は不可でした。

余談ですが後日大阪の山付近にある神社を訪れた時に、金峰神社が摂社として祀られていました。ご祭神が山の鎮守神なので、山中や山の近くにある神社に摂社が置かれているのかもしれません。

FullSizeRender


神社・お寺巡りランキング

2021年6月3日、PRODUCE101JAPAN SEASON2ファイナル直前の順位発表で仲村冬馬くんは18位に入りファイナル進出が決定しました。ファイナルステージの課題曲ではリーダーとサブボーカル2というポジションを担当することになったようです。
以前このブログで仲村冬馬くんを紹介する記事を書かせていただきましたが、ありがたいことに少なからず反響がありまして番組のことを知らなかった方も彼に毎日投票してくれるようになりました。
お忙しい中時間を割いて投票してくださった皆様ありがとうございます!


さて今回は『#冬馬のインドネシアごはん』というファンの方々による素敵な企画について紹介させていただきます。応援方法には様々な手段があると思います。SNS広告だったり、駅前や商業施設に広告を出したり、チラシを作って配ったり…。仲村冬馬くんのファンの方が行った企画は彼の出身である全国各地のインドネシア料理店にチラシを設置してもらい、仲村冬馬くんのことを多くの人に知ってもらうだけでなく飲食店も支援しようという素晴らしいものでした。

お仕事をされている中で全国のインドネシア料理店を回って話をするのは大変な労力だったと思います。今回はその中の1つ『terang bulan(テランブラン)』さんにお邪魔してきました。大阪メトロ谷町線の谷町四丁目から徒歩5分程のビジネス街の中にあるお店です。

この辺りはカレー激戦区としても知られていて、行列のできる人気カレー店が立ち並んでいます。付近には桜の名所としても知られる中大江公園や大阪商工会議所などがあります。

FullSizeRender
オープンの11時半にあわせて来店しました。カラフルな傘の装飾がリゾート気分を感じさせてくれます。店内もバリのリゾートレストランに来たかのような雰囲気で、シャランシャランというバリ独特の鈴の音楽が流れていました。広々としていて居心地の良い空間です。

IMG_8708
お店に入ってすぐのレジ付近にチラシやポスターが設置されているコーナーがあり、仲村冬馬くんのチラシが目立つところに飾られていました。

IMG_8707

FullSizeRender
チラシは裏表が見えるように2枚貼られていて、スローガンも飾られていました。

FullSizeRender
ランチメニューはこのような感じです。(全てサラダとスープ付き) ★マークはテイクアウト可

・ナシチャンプル(インドネシア料理のおかず5品とご飯) ¥1,000
★ナシゴレン(サテ付き) ¥880
★ミーゴレン(サテ付き) ¥880
★ビーフンゴレン ¥800
・チキンフォー ¥790
・バリカレー(鶏肉とココナッツのチキンカレー) ¥840
・スープブントゥット ¥1,150
・アヤムベトゥトゥ ¥1,150
・日替わりランチ

+¥100でドリンク、¥150でデザートセットが付けられます。


私がオーダーしたのはナシゴレンランチです。ドリンクはパイナップルジュース。ナシゴレンは以前自宅で作ってみたんですが、豆板醤やスイートチリソースがなかったためコチュジャンを代用し違った料理が出来上がりました。料理はこちら↓
FullSizeRender
サテという串焼きがついていました。これが美味!その横の野菜は漬物にしてあってこれもすごく美味しかったです。ナシゴレンはお好みでピリ辛のタレをつけて食べます。私は辛いものが好きなのでつけて食べた方が美味しく感じました。ピンクの食べ物は薄揚げせんべいのようなもので、パリパリした食感であっさりしています。癖が強いな、食べにくいなと思ったものは一つもありませんでした。
全部美味しかったです!


全部美味しかったんですが、土曜の昼下がりだというのにお客さんが私1人という状況でした。ビジネス街にあるので土日はこんなものなんでしょうか…。大阪城からも徒歩圏内にあるので、お散歩がてら是非こちらまで足を延ばしてみてください✨バリ島気分を味わえて料理も美味しくリーズナブルな素敵なお店です。お店の方もフレンドリーでとても居心地が良い空間でした。

terang bulan(テランブラン)の地図

現在こちらから最後の投票ができます。投票期間は2021年6月3日~6月13日。1日1回、ヤフーアカウントでログインすれば無料で投票可能です。

6月13日14時~はTBSで最終回が放送されます。最終回の放送時間内に特別投票があり、票数が通常の二倍になるようです。インドネシア・バリ島出身の『仲村冬馬くん』に投票して彼の夢を叶えるお手伝いをしていただけたらとても嬉しいです。是非是非よろしくお願いします!!

IMG_8798











4月のある吉日にかねてから気になっていた『星田妙見宮』に参拝してきました。初めて交野市を訪れましたが、JR京橋から片町線1本で簡単に行けたのでとても便利でした。星田駅で下車し、20分ほど歩きました。ところどころに星田妙見宮への看板(矢印)が設置されていたので分かりやすかったです。こちらが鳥居。すぐ隣に駐車スペースもありました。

ちょうどお花見シーズンだったのと、星田妙見宮の隣に『妙見の観桜』と言われる桜の名所があったことから人出が多く境内も賑わっていました。

FullSizeRender
鳥居をくぐると『七曜星降星伝説』の説明書きがありました。この神社の創建とも関わりがあるのですが、空海がお祈りをしていると天から7つの星が降ってきてそのうちの1つは妙見山(この場所)に落下したと言われています。空海はその後、妙見山にある大岩のところで出会った仏様をお祀りしたのが始まりだそうです。

IMG_7448
境内のあちこちに自分の生年から割り出される守護星にまつわる仏様が祀られています。自分のところにお参りすると良いようです。

星田妙見宮は神仏習合の神社でご祭神は以下の5柱になります。

天之御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ):宇宙の根源を司る神様

高皇産霊大神(タカミスビノオオカミ)神皇産霊大神(カミムスビノオオカミ):日本神話で天地開闢の際に高天原に現れた神様

仏教では北辰妙見大菩薩

道教/陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神

IMG_7252
妙見山を切り拓いてつくられた参道を歩いていると山の中にいるのが感じられます。参道を進むと隕石落下地点が突き当りにありますが、そちらは最後に紹介します。
手水舎には二体の龍が。水はオートになっていました。

IMG_7256
ここから階段を登って本殿に向かいました。途中休憩所もありますし、5分もあれば登れる程度の軽い坂です。

IMG_7257
こちらが本殿です。本殿付近に社務所もありました。

FullSizeRender
本殿上部に龍の彫刻が施されていました。

IMG_7262

IMG_7265
本殿の後ろにまわると『織女(たなばた)石』と名付けられた大きな石が鎮座していました。これは落下した隕石の一部というわけではなく、七夕伝説の織姫を祀る石だそうです。毎年7月6日、7日には『妙見七夕祭』というお祭も開催されているらしいです。石というより巨大な岩のようでした。近づけないようになっていたので柵の隙間から覗き来んで見ました。

IMG_7264
本殿に参拝した後、本殿背後にさらに道があることに気づき進んでみました。

IMG_7266
すぐ手前には龍王社が祀られていました。何かと龍に関するものが目に入ってきます。

IMG_7267
その奥には稲荷社がありました。実は今回お参りする前にYouTubeで星田妙見宮参拝動画を見ていたんですが、その投稿者の方は『ここの稲荷社は人を選ぶ』『近寄りがたいと思ったら近づかない方がいい』と言っていました。そんなことってあるのかなぁと思っていたんですが、特にそういうことは感じなかったので普通に参拝しました。

IMG_7268
この稲荷社付近の山がいびつな形をしていたんですが、816年妙見山に隕石が落下した衝撃で山の大部分が吹き飛ばされ現在の馬蹄形になったと言われているようです。816年と言うと遥か昔のことすぎて全然実感が湧きません。

登りとは違う道を通り下山しましたが、最後に訪れたのが『登龍の滝』という隕石落下地点です。説明書きにはペルセウス座流星群のなかのスイフト・タットル彗星のかけらが滝壺に落ちたと推測されているようです。

IMG_7269


IMG_7271
隕石が落ちた場所だったり宇宙の根源を司る神様が祀られていたりと、何やらすごい場所なんだということは分かりました。YouTuberがここは波動がすごいとかしきりに言っていたので何かあるのでしょうか。いつかもう一度訪れて体感してみたいです。



前回紹介したザビエル公園の向かいにあるのが『ビフテキの南海グリル』です。昔から家族で祝い事があった時はここで鉄板焼きステーキを食べています。

IMG_7124
ザビエル公園から見えているこの建物だけじゃなくその隣にも奥にも店舗が並んでいます。平日でもすぐに予約でいっぱいになりますが、3店舗もあるので本館で食べたいというこだわりがなければどこかしらの店舗に案内してもらえます。

IMG_7132
今回は本店ではなくその後ろにある東店で食べました。出てくるメニューは同じなのでどこのお店でも同じ味が食べられます。

IMG_7133
こんな感じで目の前で焼いてくれます。コロナ以前から隣のテーブルとの間隔は十分で保たれています。気になる方は個室も予約できますよ!

IMG_7134
コース料理は3000円台~7000円台くらいまでのものがあり、鉄板焼きステーキにしてはリーズナブルだと思います。鉄板焼きフルコースはシーフードもたくさん出てくるので苦手な方は避けた方がいいかもしれません。

FullSizeRender
コーンスープは目の前の鉄板で温めてもらえます。お肉だけじゃなくて前菜やスープもとても美味しいです。

IMG_7136
野菜もたっぷり出てきます。新鮮でシャキシャキしています。ドレッシングが好みで選べます。

FullSizeRender
お肉は脂を吸うように食パンの上に置いて提供されます。この食パンも後から食べれます。お肉が美味しすぎてこれしか写真撮ってませんでした。お肉は塩で食べてもタレをつけて食べても美味しいです。堺市にあるステーキハウスでは一番の美味しさだと思います。

FullSizeRender
食後はお茶漬けかピラフから選択できます。私はこの時点でかなりお腹いっぱいだったのでお茶漬けにしました。お漬物も一緒に出てきます。梅干しは勝手に入れました。

IMG_7139
デザートは後方にあるソファーでいただきました。バニラアイスとマスカットシャーベットから選べます。飲み物は紅茶、コーヒー、ジュースなどがあります。広々としているのでゆっくりくつろげます!

営業時間は11:30〜22:00
月曜が定休日だそうです(祝日だと営業で翌日の火曜が休み)
電話予約OK:072-222-0131

堺市に来られた際はこちらでランチやディナーを召し上がってみてはいかがですか?個人的にかなりおすすめのお店です。これからもずっと続いていってほしいです。

今回訪れた東店の地図を載せました。

久しぶりに堺市の紹介を。堺区にある『ザビエル公園(別名:戎公園)は、その名の通りフランシスコザビエルに関係があります。フランシスコザビエルは室町時代、キリスト教を布教するために日本に来た人です。室町時代、堺は対明貿易(当時の中国)や南蛮貿易で栄えておりヨーロッパでは広く認識されていました。公園内にはヨーロッパ諸国と関わりがあったことを示す石碑などが残っています。

FullSizeRender
フランシスコザビエルは1550年に堺を訪れ、堺の豪商・日比谷了慶の邸宅で暮らしながら布教活動を行っていました。その屋敷がこの公園付近にあったそうです。
この石碑はザビエル来日400周年を記念して1949年に建立されました。

FullSizeRender
ポルトガルとの友好記念に寄贈されたアートも飾られています。

FullSizeRender

FullSizeRender
堺港は現在は工業地化してしまい貿易拠点として利用されなくなりましたが、もしこのまま他国との交易が続いていたらどんな街になっていたのか興味があります。

IMG_7129
公園付近の道路は大阪で有名な路面電車が通っていたり、堺市で有名なパン屋『フロランタン』が道路を挟んで向かいにあります。ここのパン屋のメロンパンが美味しいと評判ですが、まだ一度も来店したことがありません。機会があればこちらで紹介します。

ザビエル公園脇にシェアサイクルがあって自由に借りることができます。(有料)市内各地にあるポート間で返却もできますので、堺観光の際は利用してみるのもお勧めです。

このページのトップヘ