勝手に堺市広報大使

地元・堺や奈良の史跡、古墳、神社仏閣をはじめとするおすすめスポットを紹介しています。奈良が大好きで明日香村、橿原市、桜井市、天理市の神社仏閣や史跡をよく訪れています。2022年12月~飛鳥応援大使に就任いたしました。飛鳥の魅力を多くの方に伝えていけるよう頑張っていきます!

勝手に堺市広報大使 イメージ画像
地元・堺と奈良など関西圏を中心とした神社仏閣情報をお伝えします。

更新情報

今回は堺市のお隣の高石市に鎮座する等乃伎神社をご紹介します。高石市を訪れたのは今回が初めてです。等乃伎神社まではJR阪和線富木駅から徒歩5分強くらいで行けます。駅前のいろはのパン屋さんでパンを買いました。等乃伎神社の鳥居をくぐった先にお祓い所があります。祓岩
『【高石市取石】中臣氏の一支族である殿来連の祖神・天児屋根命が祀られた等乃伎神社』の画像

ある雨の週末に久しぶりに母と明日香村に行ってきました。cafeことだまのランチが食べたくて予約をしていたんですが、当日が大雨でキャンセルするか迷いましたが逆に観光地が空いていていいかもしれないということで無理やり決行しました。まだ行ったことのない場所に行って
『雨の日の明日香村 牽牛子塚古墳、鬼の雪隠・俎、亀石、岡寺、高松塚古墳など』の画像

前回の続きで、今回は曽禰神社に隣接する池上曽根遺跡を紹介します。池上曽根遺跡は1900年頃に発見されましたが当初は注目を受けなかったようです。1969年から1971年に大阪万博に備えた国道整備に伴い発掘調査が行われ、総面積60万m2の大規模な弥生時代中期の環濠集落遺跡で
『【和泉市池上町】弥生時代中期の環濠集落が再現された池上曽根遺跡』の画像

助松神社を後にして池上曽根遺跡に向かっている時に、遺跡の南東部に神社があるのを見つけお詣りしていくことにしました。曽禰(そね)神社という神社で泉大津市曽根町に鎮座しています。ちょうどこの辺りが泉大津市と和泉市の境界になっているようです。曽禰神社はJR信太山駅
『【泉大津市曽根町】池上曽根遺跡に隣接 曽禰氏・物部氏の祖である饒速日命・伊香我色雄命が祀られた曽禰(そね)神社』の画像

和泉市の信太森葛葉稲荷神社から2キロほど歩いて南海電車の北助松駅に到着。ここは泉大津市になるらしく、市のマンホールが羊の絵で可愛かったです。泉大津市には初めて来ました!今回は駅のすぐ近くに鎮座する助松神社をご紹介します。助松神社の創建年や由緒は不明ですが、
『【泉大津市助松町】天然記念物の東天紅が境内を散歩する助松神社』の画像

今回から数回にわたって大阪府和泉市・泉大津市の神社をご紹介します。まずJR西日本阪和線北信太駅で下車し、徒歩5分ほどのところに鎮座する信太森葛葉稲荷神社へ。安倍晴明の母・葛葉姫ゆかりの神社とのことで以前から行ってみたかった神社です。創建年は不詳ですが、もとも
『【和泉市葛の葉町】葛の葉物語の舞台 安倍晴明の母・葛葉姫ゆかりの信太森葛葉稲荷神社』の画像

前回の続きで週末にお友達と吉野山へ行ってきた日の話になります。吉野神宮脇の国道から吉野山に登りました。舗装された道路を上っていったら金峯山寺付近の道に出たので、吉野駅からとは違う別ルートが発見できて良かったです。お腹が空いたのでご飯を食べてから奥千本まで
『【吉野郡吉野町】吉野山奥千本~上千本 義経の隠れ塔と閼伽井不動明王、吉野水分神社』の画像

先週の日曜日にお友達と吉野山に桜を見に行ってきました。吉野山を訪れたのは3年ぶりになります。 山に登る前に吉野神宮に参拝してきたので今回はその様子をお伝えします。近鉄吉野神宮駅から駅前の大鳥居を抜けてなだらかな坂道を20分程上った先の吉野山・下千本に鎮座して
『【吉野郡吉野町】桜の名所 後醍醐天皇が祀られた吉野神宮』の画像

前回の続きで生駒山上の宝山寺からスタートして暗峠を越えた日の話になります。森のレストラン・ラッキーガーデンでお昼を食べた後、再び暗峠方面へ歩き出しました。この奈良の三条から暗峠までのルートは暗越奈良街道と呼ばれ日本の道100選にも選定されたそうです。奈良時代
『【生駒市~東大阪市】暗越奈良街道 暗峠を越えて枚岡神社へ』の画像

今年の冬に生駒山から枚岡山までトレイルウォーキングをしました。鬼取山の山上にある森のレストラン・ラッキーガーデンに前から行ってみたかったので、近鉄生駒駅からケーブルカーに乗り宝山寺駅で下車。宝山寺にお詣りしてから暗峠方面に向かいました。以前は昼食後に訪れ
『【奈良県生駒市】生駒山~枚岡山トレイルウォーク 宝山寺から森のレストラン・ラッキーガーデンへ』の画像

↑このページのトップヘ