勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

ジブリ映画『天空の城ラピュタ』のモデルになったと言われる友ヶ島に再び行ってきました。前回の記事はこちらをご参照ください。

前回は1時間半程度しか島に滞在できなかったので、島の右半分を回ることしかできませんでした。今回は12時発のフェリーで12時半着、15時半のフェリーで島を去ったので3時間滞在できました。フェリーのチケットは友ヶ島行きフェリー乗り場で購入できます。特に予約も必要ありません。前回往復2000円でしたが、2200円に値上がりしていました。(2021年3月時点)

IMG_6835
今回は島の左半分を中心に散策してみることにしました。坂道を歩いて『第三砲台跡』に向かうことに。友ヶ島は明治時代から第二次世界大戦まで旧日本軍の要塞でした。和歌山県と淡路島の間に位置する友ヶ島は、紀淡海峡防備目的で利用されてきたようです。

IMG_6836

IMG_6837
島の中には当時の施設が今でも残されています。なかでも『第三砲台跡』はラピュタの舞台となったと言われる島の中でも一番ラピュタっぽさが感じられる場所なのではないでしょうか。砲台跡は島の中に5つあります。

FullSizeRender
砲台跡の概略図です。規模は横幅180m、奥行60mと記されていました。小さな照明でライトアップされていましたが薄暗く、ライトを携帯していった方が安全かもしれません。

IMG_6840

IMG_6843

IMG_6844

IMG_6847

IMG_6849
ここが砲座跡ですね。中央に円形の台座がありました。少し風化はしていますが自然と文明が溶け込んでいるような空間は時が止まっているかのようでした。非日常感を体験できます。

IMG_6850
砲台跡周辺の木々に台湾リス(外来種)と思われるごついリスが何匹かいました。台湾で見たリスと同じだったので。島中を歩き回っているとあちこちでこのリスたちと遭遇しましたが、鳴き声が独特です。ごつくて太いのに動きがめちゃくちゃ俊敏でした。

砲台跡のすぐ近くに見晴らしの良い展望台があります。ここが島内で一番の高所になるのではないかと思います。ここで休憩してお昼を食べました。本当は島に来る前に加太でランチを食べる予定でしたが、なぜか全部のお店が閉まっているという事態だったので売店で買って行きました。

IMG_6857

IMG_6859
展望台を出た後は以前訪れた場所を再訪したり、まだ通ったことのない道を歩いてみたりしました。たまたま見つけた小さな展望台からは船着き場が見えました。ここは誰もいなかったので穴場かもしれません。

IMG_6866
島で採ったらしき若布を持ち歩いている人がいたのでどこか砂浜に降りられる場所があるのか探していたんですが、何か所かありました。綺麗に見えるように撮りましたが実際は漂着したゴミだらけです。よく見るとゴミが少し写っているかも。

IMG_6883

IMG_6884
石や岩に海藻らしきものがくっついていたけどこれが若布なのかなと思いながら観察していました。洗えば食べられそうなものもありましたが、何しろゴミだらけなので…。

島内ではリスの他にも鹿や野鳥を見かけました。トンビが上空を徘徊していました。鹿は急斜面にいたんですが、目が合うとすぐに逃げていきました。
IMG_6903
島には名前は分からないけど黄色の花がたくさん咲いていました。椿も。前回は初夏に行ったのでけっこうバテましたが、今回3月だったので気候もちょうど良く快適に過ごせました。帰りのフェリーは15時半発、16時半発が特に混むようです。帰れないんじゃないかと一瞬ひやっとしました。カフェはありましたが宿泊施設があるのかは不明でした。私は自然は好きですがキャンプは嫌いです。夜何が出てくるか分からないので。

IMG_6906
二度目の友ヶ島は一度目よりも満喫できたような気がします。和歌山に住む友達の子供がもう少し大きくなったら一緒に遊びに行きたいな。何となく砲台跡とか喜びそうな気がします。舗装されてないアップダウンの多い道だらけなので、小さい子供を連れていくのはあまりおすすめできないかもしれません。

加太駅に到着してから徒歩で加太港を目指しました。12時発友ヶ島行きの船に乗る予定だったのでそれまで周辺を散策する予定でした。加太港までは地元の小中学生が作ってくれた道路表示などがあちこちにあるため、地図なしでも迷わず行くことができます。

時間があったので去年は前を通りすぎるだけだった『加太春日神社』に参拝しました。加太港付近の住宅地の中にある神社です。

FullSizeRender
主祭神が天児屋根大神・武甕槌大神・経津主大神
配祀神が天照皇大御神・住吉大神
となっています。

主祭神の天児屋根大神(あめのこやねのみこと)は『言霊の神様』『祝詞の神様』と言われており、国家安泰・諸願成就・学業成就・開運厄除けなどにご利益があるそうです。

FullSizeRender
加太春日神社の創建年は不詳ですが、檜皮葺の建築様式から安土桃山時代であることが推測されます。

羽柴秀長の家臣で和歌山城代を務めた桑山重晴が建立したと言われています。本殿は2015年に国指定建造物に登録されました。

FullSizeRender
境内には様々な摂社がありました。こちらは白龍神社です。

FullSizeRender
他にも稲荷神社、賽神神社、須佐神社、蛭子神社、八幡神社、八王子神社、布留神社などが祀られていました。

FullSizeRender
こちらがえべっさんで有名な商売繁盛にご利益のある蛭子神社です。

FullSizeRender
境内には水に浸して吉凶を占う『水占』ができる場所もあります。水占おみくじは本殿右横の授与所で購入することができるようです。

FullSizeRender

境内には人はいませんでしたが、神社前は車や自転車がひっきりなしに行き交っていたので賑やかな印象を受けました。海が近いので大漁や航海の無事を祈願する祭りも開かれているようでした。

加太を訪れる人はジブリの『天空の城ラピュタ』のモデルになった友ヶ島を訪れるか、あるいは絶景を見ながら露天風呂に入り海の幸を楽しみに来る人が多いのではないかと思います。加太港から徒歩10分もかからないところにありますので、加太春日神社もあわせて参拝されることをおすすめします。

2020年6月以来の加太に行ってきました。ずっと『かた』だと思ってたんですが、友達に教えられて『かだ』だと知りました。

南海和歌山市駅から加太までは『めでたい電車』という何だかおめでたい名前の電車が運行しています。『おめでたい』と『愛でたい』が合わさってこの名前になったようです。ちなみに去年乗ったのはピンクのめでたい電車でした。FullSizeRender
今年は赤の『めでたい電車 なな』号に乗りました。他にもあい、さちと色別に名前がついているようです。内装も異なるようなので、気になった方は全制覇目指してみてください。時間別にどの電車が運行しているか駅に貼りだされています。

FullSizeRender
車内は加太の鯛がいたるところに描かれています。私は魚が食べれませんが見るのは好きなので可愛いなぁと思って眺めてました。車内はガラガラだったので隅々まで見てきました。カラフルな装飾がいたるところに。気分が上がります。

FullSizeRender
つり革も魚の形になっています。可愛いですね。

FullSizeRender
南海和歌山市駅から加太までは約30分。加太に近づくにつれ車窓から海が見えてきます。途中の駅では降りたことはありませんが、安産にご利益のある神社やビーチ、カフェなどがあるそうです。

加太駅に到着。駅にも可愛い装飾が施されています。

FullSizeRender
ここから歩いて加太港へ向かいました。加太駅からは休暇村や温泉行きの無料送迎バスも出ています。先に温泉に行かれる方はバスを利用するのも有りですね。加太の旅、まだまだ続きます。

IMG_6816

とにかく駅が可愛かったです。駅構内にはめでたい電車グッズのガチャガチャもあります。何気に毎回やっているんですが前回はマスキングテープ、今回はキーホルダーが入っていました。キーホルダーは友達にあげました。


2021年3月18日から22日迄、仕事をしながら和歌山に滞在していました。幸いパソコンがあれば仕事はできる状態だったので、和歌山で暮らしていたような感じです。

着いたその日は長い付き合いの大事な友達が「来てくれていいよ」と行ってくれたので、厚意に甘えてお家にお邪魔させてもらいました。念願だった友達の子供との初対面。そんなに子供に好かれる方ではないので心配もありましたが、不思議と仲良くなれました。甘えてくれたりして本当にかわいかったです。
FullSizeRender
気遣ってくれて晩御飯にピザを頼んでくれました。友達とは昔私の家でクリスマスに二人でピザを食べたことがあって、一緒にピザを食べるのはその時以来。懐かしかったです。子供はピザを食べるのが初めてだったそうなんですが、気に入ったみたいでよく食べてました☺

IMG_6790
シカゴピザ。初めて食べたけどボリュームがあって美味しかったです。ご馳走さまでした✨

ホテルは和歌山城が部屋から見えるところにしました。和歌山駅からは少し距離があったけど最高のロケーションです。

IMG_6793
せっかくなのでライトアップされた和歌山城を見に行きました。和歌山城を訪れるのはこの時以来です。


こちらは和歌山城の御橋廊下(おはしろうか)と呼ばれるもので、紀州藩藩主の隠居していた西之丸と二ノ丸を行き来するために造られた廊下のようです。現在の姿は復元されたものらしいです。

IMG_6796
夜空には月が浮かんでいました。

IMG_6798
桜の蕾が膨らんできていたのでもう間もなく開花するくらいの頃に訪れました。平日だったからか人が少なくのんびり散歩できました。小さいけどお城の上に月が浮かんでいるのが見えますか?この景色がとても印象に残っています。

IMG_6800
そんなこんなで和歌山滞在一日目が終了しました。友達の優しさに感謝。

今日は神社でもお店でもなく『木』を紹介します。大阪府道ときはま線沿いにある巨大なクスノキ。現在は楠塚公園となっていますが、この地はかつて竹内街道沿いにある金岡神社の御旅所でした。


金岡神社の創建は平安時代にまで遡ります。この木もその頃からあったことを考えると樹齢は900年にもなるようです。

FullSizeRender

樹高は18mにも及ぶそうです。昔は田畑に中に佇んでいましたが、道路・宅地開発が進み現在は幹線道路と住宅地に囲まれ少し窮屈そうにも見えます。

FullSizeRender

FullSizeRender

こちらが金岡神社の御旅所(頓宮)であったことを示す石碑です。

FullSizeRender

堺市には他にも巨木が多数現存しています。百舌鳥古墳群の一つ、御廟表塚古墳の隣に佇む筒井邸のクスノキや百舌鳥八幡宮のクスノキなど。なぜか神社と巨木は密接に結びついているように感じられます。巨木のあるところに神社が創建されたのか、ともに歳を重ねていったのか…。





私たちの人生よりも遥かに長い時を生きてきた巨木。これからも時代の移り変わりを見守っていくのでしょうか。

このページのトップヘ