勝手に堺市広報大使

地元・堺や奈良の史跡、古墳、神社仏閣をはじめとするおすすめスポットを紹介しています。奈良が大好きで明日香村、橿原市、桜井市、天理市の神社仏閣や史跡をよく訪れています。2022年12月~飛鳥応援大使に就任いたしました。飛鳥の魅力を多くの方に伝えていけるよう頑張っていきます!

勝手に堺市広報大使 イメージ画像
地元・堺と奈良など関西圏を中心とした神社仏閣情報をお伝えします。

更新情報

引き続き堺市中区を自転車で徘徊してきた時のお話です。私の自転車はフロントに携帯を設置できるようになっているので、いつも携帯で地図を見ながら目的地に向かっています。フードデリバリーの方々もそうやって目的地に向かうのだろうか。さて今回は堺市中区の土塔町にある
『堺市中区新家町に佇む小さな祠・若宮八幡宮』の画像

昨年12月末に堺市中区へ、前から気になっていた不思議な建造物を見に行ってきました。堺市中区は深井駅周辺しか訪れたことがなかったんですが、自転車での行動範囲を広げてみようと思い出発しました。今回訪れたのは『土塔』と呼ばれるピラミッドのような塔。聖武天皇から東
『堺市出身の僧侶・行基が建てた仏塔『土塔』はピラミッド状の不思議な塔だった』の画像

大阪城公園はガラガラでした今回は大阪城公園内にある豊国(ほうこく)神社を紹介します。豊臣秀吉公が祀られている神社です。訪れたのは年末でした。仕事で近くまで来たので大阪城公園に立ち寄りました。私は昼休みによく散歩しているのですが、体力維持のために多い時で2駅分
『出世開運にご利益あり・大阪城公園内にある豊臣秀吉公を祀る豊国神社』の画像

先週の土曜日に古くからの友達と堺市南区を散歩してきました。泉北高速鉄道・泉が丘駅で待ち合わせをして、駅前のイタリアン『グーテ』(パン屋と併設)で軽く腹ごしらえをしました。フライドオニオンのかかったカルボナーラ。自分で作ったのとは比較にならないぐらい美味しか
『堺市南区にある梅の名所『多治速比売(たじはやひめ)神社』と『荒山公園』に行ってきた』の画像

前回の続きで住吉大社を訪れた時の話です。4年間かけて行う商売繁盛祈願・初辰参り住吉大社境内にある末社・楠珺社では樹齢千年の楠木の根元に祠が設けられ、商売繁盛にご利益のある神様・宇迦魂命 (うがのみたまのみこと)が祀られています。はったつさんという呼び名で親し
『住吉大社後編 商売繁盛の神様・初辰さんと子授けの神様・種貸社』の画像

全国2300宮の住吉神社総本宮・大阪住吉区にある住吉大社去年の暮れに、大阪の住吉区にある住吉大社に自転車で行ってきました。住吉大社の荘厳な雰囲気が好きで、年に何回か訪れています。住吉大社は毎年正月三が日に、全国から200万人を超える参拝者が訪れることで知られてい
『全国2300の住吉神社の総本宮・1800年の歴史を持つ『住吉大社』前編』の画像

少し前に堺市堺区にある『かん袋』に友達と行ってきました。かん袋では堺の銘菓・くるみ餅を食べることができます。これまでお土産にもらったことはありましたが、お店で食べるのは初でした。かん袋という商号は豊臣秀吉が名付けたかん袋は1329年、和泉屋徳兵衛が和泉屋の商
『豊臣秀吉が商号をつけた堺の名店『かん袋』でくるみ餅を食べた話』の画像

奈良県桜井市にある等彌神社の境内から入山できる山・鳥見山に登った時の話です。鳥見山は稲作と大嘗祭発祥の地大神神社方面(金屋の石仏の近く)から見えるこの山が鳥見山です。『日本書紀』には神武天皇が日本建国の報告を神々に行う大嘗祭(大嘗会)を鳥見山で行ったと記され
『日本の稲作文化発祥の地・奈良県桜井市にある鳥見山に登った話』の画像

前回の続きで昨年12月に奈良県桜井市に行ってきた時の話です。今回の目的地だった等彌(とみ)神社。神武天皇の時世に鳥見山中に創建され、12世紀初めに現在の鳥見山麓に移されたそうです。本殿付近には鳥見山への入山口があり往復約1時間の登山を楽しむことができます。神武天
『奈良有数の古社・等彌(とみ)神社は大嘗祭発祥の地 鳥見山で軽い登山も』の画像

若櫻神社という社名の由来前回に続き奈良県桜井市にある神社を紹介します。丘の上の見晴らしの良い場所にあり、鳥居をくぐると階段が続いています。磐余(いわれ)・忍坂地域にある『若櫻神社』は、第17代履中天皇がこの地に磐余池を造り舟遊びをしていると、盃に季節はずれの
『奈良県桜井市にある履中天皇ゆかりの『若櫻神社』は磐余稚桜宮の伝承地』の画像

↑このページのトップヘ