大阪市内の四天王寺エリアにはかつて聖徳太子が四天王寺を守護するために創建したと伝えられる『四天王寺七宮』が残されています。(以前訪れた場所にはリンクを貼ってあります)

大江神社 (上之宮神社、小儀神社、土塔神社が合祀)
久保神社
堀越神社
河堀稲生神社

今回はまだ参拝したことのなかった『河堀稲生(こぼれいなり)神社』を訪れた時の話になります。前回の投稿の続きでスパイスカレーを食べた後、15分位歩いて河堀稲生神社に到着しました。

FullSizeRender
いなりという名前を『稲荷』(狐)のことだと思い、商売繁盛にご利益のある神社なのかなと先入観を抱いていましたが…。

FullSizeRender
ご祭神は宇賀魂大神、崇峻天皇、素盞嗚尊。宇賀魂大神は五穀豊穣の神様、素盞嗚尊は厄除開運の神様という認識が強いです。崇峻天皇は聖徳太子の叔父にあたる人物で、蘇我馬子に暗殺されています。その崇峻天皇が祀られているということはどういうことなのでしょうか。恨み封じ?

こちらが拝殿の様子です。見たところ稲荷は全く関係がないようで狐の置物もありませんでした。華美な装飾も見られず、簡素な造りとなっていました。

FullSizeRender
江戸時代には拝殿は豪華な造りだったそうですが、大阪大空襲で焼失してしまったそうです。現在の拝殿は1950年に再建されたものらしいです。

拝殿右手側には祖霊社が祀られていました。由緒書きのすぐ隣です。

FullSizeRender
拝殿左側には2つの摂社が祀られていました。応神天皇と仁徳天皇が祀られている若宮八幡宮と、豊臣秀吉・倉稲魂神が祀られた櫻樹神社です。

FullSizeRender
櫻樹神社付近には桜の木が植えられていました。

今回で四天王寺七宮(4社)の紹介は最後になります。4社とも歩いて参拝できる距離に位置していますので四天王寺とあわせて是非お参りしてみてください。


河堀稲生神社の地図



よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村