これまで松原開運六社巡りに数えられる神社をいくつか参拝してきました。

過去の参拝記録と神社の紹介はこちら↓
柴籬神社 
我堂八幡宮
布忍神社
阿麻美許曾神社

追加:屯倉神社

堺市から松原市に行くには電車では不便なので(大阪市を経由して行かないといけないので遠回りになる)、いつも自転車で訪れています。

今回は長尾街道と中高野街道をひたすら走り、3つの神社に参拝しました。そのうちの一つが今回ご紹介する『阿保(あお)神社』です。

FullSizeRender
平城天皇の皇子であった阿保親王の住居址だったことから、この辺りには阿保という地名が付いています。

こちらが本殿です。本殿には菅原道真公がご祭神として祀られています。本殿は一間社流れ造りと呼ばれる建築様式で建てられています。

IMG_9264
拝殿の上部にある龍の彫刻は江戸時代の特徴的な造りだそうです。

FullSizeRender
拝殿内の天井には48枚もの花の絵画が飾られており、『花天井』と呼ばれているようです。作者や時代は不詳とのこと。一つ一つ違った絵が飾られているので見応えがあります。時は経っても色褪せずとても綺麗でした。

FullSizeRender
拝殿の右手に進むと阿保親王と弁財天が祀られた摂社がありました。

FullSizeRender
左手に進むと奥に樹齢千年を超える楠木があります。とても大きくて迫力がありました。

FullSizeRender
楠木の他にも杉の木でしょうか?その高さに驚きました。

FullSizeRender
ご神木の周りにたまにカラスが出現するらしく、頭上から人を攻撃してくることもあるそうですので参拝される際には気をつけてください。

FullSizeRender
先程阿保神社のご祭神が菅原道真公であることをお話しましたが、道真公はかつて大宰府に向かう道中にこの地で休息をしたようです。

堺市堺区にある船待神社も道真公が船を待つ間に立ち寄った場所であることが伝えられています。道真公の足取りを辿ってみるのも面白いかもしれません。


阿保神社の地図




よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村