今回は大阪市住吉区の住吉大社近辺に鎮座する『生根神社』をご紹介します。住吉大社の摂社・大海神社の拝殿左手にある出入口から出て、目の前の道を直進すると突き当たりにある神社です。

こちらが正面鳥居だと思われます。

IMG_0329
拝殿の西側にも出入口があります。立派な鳥居と山門があるので、もしかしたらこちらが正式な入口なのかもしれません。

IMG_0315
生根神社の創建年は不詳ですが、延喜式内帳には927年に式内社として記録が残っているようです。豊臣秀吉の時代に、淀殿の崇敬社だったことで知られている神社です。本殿は桃山時代の建築様式で、淀殿の指示によって建造されたそうです。大阪府指定の有形文化財になっています。

IMG_0316
生根神社のご祭神は『少彦名命』で、大阪市中央区にある『少彦名神社』と同じ神様が祀られています。少彦名神社は薬や医療の神様という印象が強いですが、生根神社では少彦名命は造酒の神様という意味合いが強いようです。



神功皇后が境内でお酒を造り、住吉三神に献上したと伝えられているそうです。近くに住吉大社があるので関連があったんですね。境内には大きなご神木がありました。もちの木という木のようです。

IMG_0317
拝殿裏手には摂社が並んでいます。菅原道真公が祀られた天満宮があることから、『奥の天神』という通称でも知られているみたいです。

IMG_0324
その他にも稲荷社、種貸神社、塞神社が摂社として並んでいました。

IMG_0327

IMG_0325
なぜか龍王社の周辺だけ光っているような気がしたので、近づいて写真を撮ってみました。下の写真の左側が龍王社です。最初は光の加減かなと思ったんですが…。

IMG_0318

IMG_0319

IMG_0320

FullSizeRender
光の向きが変わったりするので不思議でした。単なる木漏れ日なのかもしれませんが、もしかすると何かあるのかもしれません。

後ろを振り返ると龍の姿が彫られた瓦のようなものを見つけました。

FullSizeRender
ちょっと不思議な話で今回は締めさせていただきます。お読みくださりありがとうございました🌸

生根神社の地図



よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村