少し前になりますが、今年の1月に奈良県の信貴山中腹にある『朝護孫子寺』に行ってきました。こちらのお寺は知る人ぞ知る『寅』にまつわるお寺で、境内のいたるところに寅が置かれています。

JR王子駅からバスで20分ちょっとで朝護孫子寺の駐車場に到着します。朝護孫子寺を訪れるのはこれで3度目。3年ぶりになります。

鳥居をくぐると目の前に大きな寅が見えてきます。

FullSizeRender
朝護孫子寺名物?の張り子の寅付近からはウィーンウィーンという音が。実はこの寅、首が動くんです。『世界一福寅』と名付けられています。

FullSizeRender
1400年程前、この山に訪れた聖徳太子が物部守屋の討伐の戦勝祈願をしたところ、空に毘沙門天王が出現したそうです。必勝の秘法を授かり戦いに勝利した聖徳太子は、毘沙門天の姿を彫刻し信ずべき貴ぶべき山という意味でこの山を『信貴山』と名付けたそうです。

毘沙門天が現れたのが寅の年、寅の日、寅の刻だったので、寅が信仰されるようになったとのことです。

聖徳太子ゆかりの神社仏閣



境内には至る所に寅が。かっこいいものから可愛らしいものまで様々です。いくつ見つかるか寅探しをしてみても楽しいと思います。

FullSizeRender
右下は神獣の白虎。駐車場にいます。寅のポストは3年前訪れた時は無かったように思います。

IMG_0296
境内は山の中腹にあるため上り下りはありますが、見どころが多いお寺です。

FullSizeRender
まずは毘沙門天が祀られている本堂へ向かいました。

FullSizeRender
境内には物部守屋討伐の必勝祈願をしに来た聖徳太子の像があります。

IMG_0250
本堂は階段を登った先にあります。

FullSizeRender
中央にご本尊の毘沙門天王像、右に吉祥天像、左に善膩師童子像が安置されています。ご祈祷を受けられる方は中でご本尊を見ることができるようです。ご本尊は年に数日間、御開帳されています。

FullSizeRender
毘沙門天は商売繁盛や心願成就にご利益のある七福神の1人として知られていますが、朝護孫子寺へは金運アップのご利益を求めて参拝される方が多いようです。

本堂からは大和平野が一望できました。

FullSizeRender
ここからの眺めもおすすめですが、この後更に眺めの良い場所に行ってきたので後編でご紹介させていただきます。

不動明王と弘法大師が祀られた成福院にも参拝しました。

FullSizeRender
この後、山頂に蛇の神様が祀られた『空鉢護法堂』や四国八十八ヶ所のお砂踏みができる寅の口の中に入ったりしてきましたが、その模様は後編でお伝えします。

今回もお読みくださりありがとうございました🐯


朝護孫子寺の地図



よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村