今回は大阪市鶴見区に鎮座している『鶴見神社』をご紹介します。大阪メトロ長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅が最寄り駅で、付近にはイオンモール鶴見緑地店があります。

駅からは徒歩2~3分程で、住宅地に囲まれた場所にあります。神社には表の鳥居側からしか入れませんのでご注意を。裏手は塀で囲まれています。

FullSizeRender
鶴見神社の社名は『鶴見』という地名から来ているみたいです。元々この辺りは『辻村』という地名でしたが、源氏ゆかりのエピソードによって鶴見に改称されたようです。

~案内版から抜粋~
『昔、源頼朝が富士山の裾野で巻狩りをしていた時に、千羽の鶴に金の短冊をつけて放した。この鶴が大阪方面に飛んでいき、キラキラ光る美しい短冊を見に多くの人が見物に訪れた。』


この説とは別に、『剣街道』が訛って『つるみ』になった説もあるとのこと。鶴見は源氏・北条氏ゆかりの地として知られているようです。

FullSizeRender
鶴見神社の創建は1158年。滋賀県・日吉大社の元宮である牛尾山・八王子社から分霊を勧請したことが始まりだそうです。

手水舎
FullSizeRender
主祭神は山の神様で知られる大山咋神(おおやまくいのかみ)荒魂で、八王子(正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命・天之菩卑命・天津日子根命・活津日子根命・熊野久須毘命・多紀理比賣命・市寸島比賣命・田寸島比賣命)が相殿神として祀られています。

厄除けや病気平癒、長寿にご利益のある神社として古くから地域の人々に守られてきたそうです。

FullSizeRender
本殿は春日造の建築様式で、現在は鉄筋コンクリート造りとのことです。境内にはいくつか摂社がありました。

本殿右奥の住吉神社・九鬼稲荷神社・祖霊社(入れないようになっていました)。九鬼稲荷神社には豊受大神と下辻村の恩人だった三田藩主九鬼隆律が祀られているそうです。

FullSizeRender
鶴八社には鶴八大明神が祀られているようですが、鶴八大明神というのがどういった神様なのかは分かりませんでした。

FullSizeRender
遥拝所もあります。

FullSizeRender
福龍社には龍神が祀られています。

FullSizeRender
境内にある大きな楠木は『夫婦楠』と呼ばれているらしく、地中で二つの木の根っこが結びついているそうです。縁結びや良縁成就にご利益があるとされています。

IMG_0741
秋にはだんじり祭りが開催されているようです。コロナの影響を受けることなく無事に開催されるといいですね。

境内には社務所があったので、御朱印等はそちらでいただけると思います。





鶴見神社の地図



よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村