今回は奈良市西ノ京にある薬師寺をご紹介します。近鉄奈良線・西ノ京駅から歩いてすぐのところにあるお寺です。周辺には蕎麦屋さんが軒を連ねています。中国僧・鑑真の御廟がある唐招提寺も徒歩圏内です。



IMG_2486
北側と南側に拝観受付がありますが、手水舎は南側にあります。

IMG_2497
中門には鮮やかな装飾が施された二天王像が向かい合っていました。

IMG_2496

IMG_2495
中門をくぐると西塔・東塔、正面には金堂があります。

薬師寺は680年に天武天皇によって発願され、697年に持統天皇により本尊開眼されました。ご本尊の薬師三尊像は金堂に安置されています。1998年には世界遺産にも登録されました。

IMG_2494
薬師三尊像は薬師如来・日光菩薩・月光菩薩の総称で、この日たまたま拝聴させていただいた僧侶の方のお話によると、薬師如来がお医者さん、日光菩薩が日勤の看護師、月光菩薩が夜勤の看護師のような存在だそうです。日光菩薩と月光菩薩が薬師如来をサポートしている感じでしょうか。

薬師如来は心と身体の健康にご利益のある仏様だそうです。また、薬師如来の真言は世界平和や全ての人々の幸せを願うものだと伺いました。講話に加え、納経の場面も見学させていただき貴重な体験ができました。予約なしで誰でも参加できるようになっていました。

FullSizeRender
大講堂も中に入れるようになっています。中には仏足石などが展示されていました。

下の写真は金堂、西塔、東塔です。東塔だけ彩色が施されていないことにお気づきでしょうか。

FullSizeRender
度重なる災害によってほとんどの建物は焼失し、再建されたようです。東塔は難を逃れたので当時のままとのことです。再建された建物には色が塗られているといった分かりやすい特徴があると教えていただきました。

薬師三尊像も火に包まれたようですが、銅でできているため燃え残ったとのことです。

FullSizeRender
食堂は閉ざされていました。

FullSizeRender
写真は撮っていませんが東院堂の中にも入りました。中には聖観世音菩薩立像をはじめ様々な仏像が安置されていました。

玄奘三蔵院伽藍の玄奘塔には玄奘三蔵の頂骨が祀られているそうです。この日は閉門されていました。

IMG_2514
南門付近には薬師寺を守護する休ヶ岡八幡宮と、孫太郎稲荷神社があります。休ヶ岡八幡宮には応神天皇、孫太郎稲荷神社には宇迦御霊神が祀られています。

IMG_2506

IMG_2500

IMG_2505
帰りに授与所のようなところで瓦を寄進して帰りました。お経の中の一文字を墨で瓦に書きました。「智」という字にしました。瓦の寄進は一度やってみたいなと思っていたのでできて良かったです。




薬師寺の地図



お昼は唐招提寺の近くにあるのどかふぇへ。農道沿いにあるお店でのどかな景色を見ながら食べたカレードリアは美味しかったです。

IMG_2515

よろしければ応援お願いいたします。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ