堺市ってどんなところ?

 

このブログでは私が生まれ育った堺市の紹介もしていきたいと思います。

堺市は大阪の都市の1つで、面積約150km、令和元年時点で約83万人が暮らしています。
syoubu

市の鳥はモズ(百舌鳥や中百舌鳥という地名や駅名もあります)
市の花はハナショウブ、市の木は、市の花木はツツジです。

毎年4月下旬からGW期間にかけて堺区にある浅香山浄水場で開催される
「浅香山ツツジ祭」では満開のツツジを見ることができます。

 

堺という地名の由来

旧摂津国・旧河内国・旧和泉国の3国の
ちょうど境目にあることから名付けられたと言われています。

 mahole
堺市のマンホール。シンボルであるモズやツツジ、菖蒲の花が描かれています。

堺市にどんなイメージがありますか?

私がパッと思い浮かぶのは、古墳・自転車・刃物・与謝野晶子・千利休・行基・線香です。

これと言って派手なものはありませんが、
古くから継承されてきた伝統工芸や偉人記念館、
地域の人々によって守られてきた古墳群など、
堺には歴史スポットがたくさんあります。

kofun
百舌鳥古墳群と呼ばれる何十基もの古墳が集まっている地域があります。写真はニサンザイ古墳です。

 

私自身、古墳が日常生活のなかに当たり前のように溶け込んでいたので
何のために作られたか、どんな人が埋葬されているのか考えてみたこともありませんでした。

2019年に羽曳野市と藤井寺市を含めた百舌鳥・古市古墳群世界遺産に登録されましたが、
正直爆発的に観光客が増えたとは言い難いですし今でも盛り上がりに欠けていると思います。

 

堺市には日本一大きな古墳・仁徳天皇陵がありますが、
ネットで検索すると「仁徳天皇陵 つまらない」というようなワードが候補に挙がってくるぐらいです。

たしかに大きすぎて近くからは全貌が把握できず、中に入ることもできません。

ただ見て終わり、という人がほとんどかもしれません。


世界遺産に登録された背景には古墳の規模もありますが、
地域の人々が暮らしの中で古墳を守り遺してきたことが評価のポイントになっていました。

堺の魅力をお伝えする上でやっぱり古墳は欠かせません。

このブログではたまに古墳情報を発信していきますので、お付き合いいただけると幸いです。

堺に点在する古墳の一つ一つにスポットを当て、
それぞれの歴史や埋葬者などを紹介していけたらと思います。