勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

たけのこはパワーフード

今年もたけのこが美味しい季節になりました。

この時期にしか食べることができないたけのこは健康や美容に効果のある最強の食材です。

たけのこには体内に溜まった毒素を排出してくれる働きがあります。

毒素が溜まると免疫力の低下や、便秘、むくみ、太りやすくなるなど
様々なトラブルが起きてしまいます。

たけのこの持つ働きをチェックして上手く食事に取り入れてみてください。

 たけのこ

たけのこを食べるとこんな嬉しい効果が

1.食物繊維が豊富なので血行促進、腸が活性化して便秘の解消につながります

2.ナトリウムが豊富に含まれるので利尿を促しむくみを解消してくれます

3.コレステロール値を下げる働きがあります

4.認知症予防効果も

5.免疫力がアップしウイルスに負けない身体に

6.毒素を排出する働きによって美肌効果あり

 

食べると良いこと尽くしのたけのこですが、調理には意外と手間がかかります。

皮を剥いたらお鍋に米ぬかを入れて茹でて灰汁を取り除きます。

灰汁を取ることでたけのこ特有のえぐみを取り除くことができます。

 たけのこ灰汁とり

灰汁を取った後は

焚きこみご飯に混ぜてみたり、お吸い物や天麩羅、ワカメとたけのこの煮物にするなど
様々な食べ方でたけのこを美味しくいただきましょう。

たけのこはペペロンチーノに入れても美味しいです。

ちなみに以前たけのこをキムチにしてもらったことがありますが、これは美味しくなかったです。

 

超簡単!たけのこのお吸い物の作り方

準備するもの:たけのこ、かつお、昆布、塩、料理酒、薄口醤油

 

1. かつおと昆布を使って出汁をとる

2. 塩と料理酒と薄口醤油を入れて味を調える

3. たけのこの姫皮(先の部分)を薄く切って鍋に入れる

これで出来上がりです。お好みで溶き卵を落としても美味しく仕上がります。

塩、料理酒、醤油は適度に入れて味見しながら調節してください。

 

たけのこの中心部分はシャキシャキと歯ごたえがあるので煮物や揚げ物に向いています。

根っこの部分は他の部分よりかためなので炒め物や炊き込みご飯にするのがおすすめです。

春はたけのこを積極的に食卓に取り入れて、コロナに負けない免疫力を維持していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット