前回は都塚古墳の紹介をしましたが、石舞台古墳前でバスに乗って駅まで戻る途中にもう一か所だけ古墳に立ち寄りました。

明日香村に来たら必ず立ち寄る場所でこれまでに10回以上訪れたことがある大好きな古墳『高松塚古墳』です。
image
高松塚古墳は飛鳥歴史公園内にある小さな円墳です。
1972年に石室内に彩色の壁画が見つかりました。朱雀・玄武・白虎・青龍から成る四神や、男女群像、星宿図などが描かれています。

隣接する高松塚壁画館にその復元図が展示されています。
image
入館料は2019年から大人300円になりました。飛鳥王国パスポートを持っていれば少し値引きが受けられます。飛鳥王国パスポートの詳細はこちら。


2022年に訪れた時、壁画のSNS利用が許可されていましたのでこちらに掲載します。

IMG_4956

IMG_4957

IMG_4958
朱雀はありません。

IMG_4954
こちらの東壁女子群像をよく見ると何か道具を携えている人がいるのが分かります。
丸いうちわのようなものは円えいと言うそうです。
この図では分かりにくいですが、払子(ほっす)という道具を携えた女性もいます。この道具は高貴な人物や従者が所持していたようです。

右から二人目の女性が持っている棒は西遊記にも出てくる如意棒と呼ばれる道具です。孫の手のように使用したようです。

IMG_4955
近くにあるキトラ古墳からも同様の壁画が見つかりましたが、全く同じものではなく四神の描かれている方角や星宿図の精細度などが微妙に異なっているようです。
image
高松塚古墳は密閉されているため内部に入ることはできません。埋葬されているのは7~8世紀の皇子だと推測されています。

四神の壁画からも分かるように、この古墳は古代中国の影響を受けたもののようです。
image
石室内部からは様々な被葬品が見つかっています。

image
明日香村と言えば四神と言うぐらい、お土産物屋さんにもお菓子や文具など様々なグッズが売られています。

橋にも四神が描かれていました。

古代中国や星宿図の名前にちなんだ戦士が登場する「ふしぎ遊戯」という面白い漫画があるんですが、劇中で主人公が修学旅行でこの高松塚壁画館を訪れる場面が出てきます。

キングダムもそうですが、古代中国や古き時代を題材にした作品に魅力を感じます。

明日香村は渡来人(朝鮮半島から来た人々)の集落跡も残っていますし、古くから国際交流のあった村だということが分かります。





高松塚古墳の地図




よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村