勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

大阪・堺市にも出雲大社がある

島根県にある出雲大社は縁結びの神様として知られていますが、
出雲大社の分祠(おなじご祭神を分けて祀っている神社)は全国各地にあります。

大阪府堺市東区にも出雲大社大阪分祀があります。

堺市中区の土塔と若宮八幡宮を訪れた帰りに、東区まで足を延ばしてみました。

FullSizeRender

遠くからでも分かるぐらい広大な境内です。

正面鳥居をくぐってすぐ右側に自転車置き場があります。

鳥居の左側には出雲大社のご祭神でもある
大国主命因幡の白兎の像がありました。

FullSizeRender

後で知ったんですがウサギはもう一羽いたみたいです。
全然気づきませんでした。
今度訪れた時に見てみようと思います。


因幡の白兎はこんな話

日本の神話で、簡単に言うと因幡の土地に行きたかったウサギが
鮫を利用するんですが怒った鮫に身体の皮を剥がれます。

苦しんでいるウサギを助けたのが大国主命でした。

助けたウサギが恩返しに八神姫と大国主命の縁談をとりもったことから、

この話には誰かを助けたら後で自分に返ってくるというような教訓があるようです。

この因幡の白兎をご祭神とする神社が鳥取の白兎神社で、昔訪れたことがあります。

確か白兎神社も縁結びの神様だったような。


FullSizeRender


話を戻しますが、出雲大社大阪分祀には前述の大国主命のほかに
大阪分祀となる以前から祀られていた火之迦倶槌神が主祭神として祀られています。

この神様は縁結びの他に悪縁切りのご利益があることで知られています。

こんなご時世なので京都で有名な縁切り神社・安井金毘羅宮に行きたくても行けない、
人間関係で悩む人もいるかもしれません。

堺市は基本的にイオンモール以外空いているので
土日祝日にそういう場所に行かなければ危険は少ないと思います。

出雲大社大阪分祀で縁切りをして新しいご縁を結んでみてはいかがでしょうか。


少し境内を紹介します。

FullSizeRender

こちらは神楽殿。出雲大社にも神楽殿はあります。

FullSizeRender

2020年12月に訪れたので、絵馬はまだネズミ年のものでした。

FullSizeRender

神馬は本殿脇にいます。

FullSizeRender

正面鳥居をくぐって直進した先にあるのが、
こちらの本殿で縁結びの神様・大国主命が祀られています。

出雲大社のシンボルと言っても過言ではない大きなしめ縄。

ここに通い慣れていそうな人々は神殿の中に入って祈願していました。

何か作法があるんだと思いますが、詳しいことは分かりません。

私は内部には入らず外からそっと覗かせてもらいました。

FullSizeRender

本殿から離れたところにある祖霊社。石碑もありました。

IMG_5225

神仏習合なのか不動明王も祀られていました。

IMG_5226

正面から中を覗くと奥にめちゃくちゃ大きな不動明王像が見えました。

中に入っていいみたいだったけど、入るのが躊躇われました。





さっき紹介した出雲大社大阪分祀になる前からのご祭神・火之迦倶槌神
がどこに祀られているのか分かりませんでした。

調べてみたところ、大きなご神木の根元に祠があるようなんですが
どの辺にあったのでしょう。

気になるので2021年中に再訪したいと思います。

なぜ元々のご祭神があったのに、この場所に出雲大社を分社したのかとか
疑問が色々と残っています。

追い追い明らかになっていけば…。





-出雲大社大阪分祀詳細-
ご祈祷受付:9時~15時
大阪府堺市東区日置荘西町7丁1-1 
最寄駅:南海高野線「初芝」駅から徒歩10分
広大な駐車場あり
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット