これまで何度も百舌鳥八幡宮に参拝していますが、近くに『尾羽根八幡宮』という小さな神社があることを初めて知りました。堺市北区百舌鳥梅町の住宅街の中に鎮座する『尾羽根八幡宮』は道明寺天満宮の分祠として約300年前に創建されたようです。

IMG_8508
学問の神様・菅原道真が祀られています。天満宮ならではの牛の石像も設置されていました。

IMG_8513
この地に当初『尾羽根庵』と呼ばれる庵があり、道明寺から派遣された尼僧の方が代々お参りをしていたようです。明治時代初期の神仏分離令によって各村々の鎮守が近隣の百舌鳥八幡宮に合祀されたなかで、尾羽根八幡宮だけはこの地に残されたそうです。

IMG_8512
祠の脇に置かれていた狛犬と牛と思われる石像は相当古いものに見えました。創建当初からあるものなのかもしれません。

IMG_8511
狛犬の下部には天満宮特有の梅の花の印が入っています。

IMG_8509
この狛犬は近年造られたもののようでした。

とても小さな神社ですが古くから地域の人々によって大切にされてきた様子が伝わってきました。百舌鳥八幡宮からすぐのところにありますので、是非ご参拝ください。


 尾羽根八幡宮の地図




よろしければ応援お願いいたします。

神社・お寺巡りランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村