勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

カテゴリ: 神社のこと

久保神社→四天王寺→一心寺を訪れた後、真田幸村公戦死の地である『安居神社』を訪れました。

IMG_7934
安居神社は別名・安居天満宮と呼ばれていることからも分かりますが、学問の神様として知られる『菅原道真公』と医薬の神様『少彦名神』がご祭神として祀られています。

FullSizeRender
901年に菅原道真公が太宰府に左遷された際、この地に立ち寄り休憩をしたそうです。道真公の境遇に同情した村人がおこしを差し上げたところ、村人はお礼に菅原家の紋所である『梅鉢』をもらいました。これが大阪名物『粟おこし』の起源となったようです。安居神社は942年に道真公の霊を祀るために村人たちによって創建されました。

こちらが道真公と少彦名神が祀られている本殿です。

IMG_7939
本殿脇に置かれていた絵馬には学問の神様・天満宮のシンボルである牛とこの地で戦死を遂げた真田幸村公が描かれていました。安居神社は1945年第二次世界大戦時の空襲で焼失してしまいましたが、寄進によって昭和1951年に復興を遂げたそうです。

FullSizeRender
天満宮には必ずと言っていいほど牛の置物が置かれている気がします。

IMG_7940

境内には真田幸村公の銅像が設置されています。大阪夏の陣で徳川方に敗れた後に、故郷に帰れず無念の死を遂げた幸村公を偲ぶ銘文も設置されていました。『この銅像お手をお触れください。そしてその徳を授かって頂ければ喜ばしく思います』と書かれてあったのでありがたく触れさせていただきました。

IMG_7941

FullSizeRender
境内には淡島大神・金山彦大神・金山姫大神・稲荷社などの摂社が祀られていました。

IMG_7937

FullSizeRender
安居神社をはじめ大阪には真田幸村公の足跡が残された土地がいくつかあります。次回は大阪夏の陣の戦地となった『茶臼山』を訪れた時のお話をさせていただきます。そちらもお読みいただければ幸いです。

安居神社の地図


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

2021年4月、緊急事態宣言が大阪に発令される少し前の晴れた週末に四天王寺界隈を散歩してきました。初めに訪れたのは四天王寺七宮のうちの一つに数えられる『久保神社』。四天王寺七宮は四天王寺というお寺を守るために聖徳太子が創建したと言われる七つの神社のことです。

四天王寺七宮は以下の神社で上之宮神社と小儀神社、土塔神社は明治時代に大江神社に合祀されています。小儀神社跡地には石碑が残されていました。
IMG_7905

大江神社と堀越神社は以前訪れた記録がありますので、よろしければ以下のリンクからお読みください。

大江神社
上之宮神社
小儀神社
久保神社
土塔神社
河堀稲生神社
堀越神社

FullSizeRender
こちらが正面の鳥居です。すぐ奥に見えている本殿は、昭和20年3月13日に起きた第二次世界大戦中の空襲によって幣殿・神庫・社務所とともに焼け落ちてしまったそうです。現在の姿は昭和27年に再建されたものです。

IMG_7900
天照皇大神・速素盞男尊・伊邪那岐尊・伊邪那美尊・宇賀御霊神がご祭神として祀られています。もともと天照大御神が旧久保村の産土神だったようです。

FullSizeRender
手水舎には龍の彫刻が置かれていました。新型コロナウイルス感染症対策で使用できなくなっています。

IMG_7891
個人的に久保神社の注目ポイントは次に紹介する『願成就宮』です。かつて聖徳太子が深く信仰し、その願いが叶えられたことから名付けられたと言い伝えられています。その後も人々の信仰が絶えず、霊験あらたかな境内摂社として知られているようです。聖徳太子はどんな願いことをしたのでしょうか。

IMG_7892
こちらの『大岩小岩大明神』は岩がご神体です。頭脳の神様が祀られており、学生や頭に持病のある方がお参りすると良いとされています。背後は民家でした。

FullSizeRender
こちらが方除神社と白龍神社です。方除神社は転居の際にお参りすると良いそうです。白龍神社は子孫繁栄や商売繁盛にご利益があるとされます。

FullSizeRender
お稲荷さんも祀られていました。

FullSizeRender
境内には伊勢神宮遥拝所もありました。昨年京都にある日向大神宮に参拝した時にも伊勢神宮遥拝所がありましたが、見返してみると鳥居の形がそっくりでした。伊勢神宮特有のものなのでしょうか。


IMG_7901
久保神社は天照大御神をご祭神とする旧久保村の氏神様でした。境内には聖徳太子が信心し諸願成就を遂げた『願成就宮』も祀られています。四天王寺東大門から徒歩5分程度のところにありますので、是非参拝してみてください。


余談ですが久保神社付近に『関帝廟』という中国様式の廟を見つけました。閉鎖されていましたが、カラフルな中国建築が目を引きました。

IMG_7904

IMG_7903

今年の4月、桜が見頃の時期に吉野山を訪れました。吉野山に登るのはこれで3度目で、奥千本まで行ったことはありませんでした。今回初めて頂上まで登ってきたのでその様子を紹介したいと思います。

吉野山には約3万本の桜が植わっています。見頃の時期に行くと辺り一面薄ピンクに染まる素敵な光景を見ることができます。山の麓から順に桜が開花し色づいていくことから、上千本・中千本・奥千本と名称がつけられています。吉野駅からは奥千本の手前までバスで行くことができます。が、今回はすべて歩きで行ってきました。せっかくなので色々な場所から桜を楽しみたかったからです。

IMG_7353
『修行門』と書かれているここが入口です。西行法師もその昔訪れたと言われており、所縁の場所が残っていました。ここからは険しい坂が続いています。進んで行くと世界遺産・金峰神社が鎮座していました。吉野山の鎮守・金山毘古命(かなやまひこのみこと)がご祭神です。奥千本に進む前にお参りしました。

IMG_7356
神社左手からのルートと右手側のルートがありましたが、一周すると同じルートを通ることになるのでどちらが楽、というのはありません。今回は何となく右手側から行きました。

IMG_7359
ご覧のように柵がないので手すりを持ってゆっくり進んで行きました。転んだら転落します。高所恐怖症の方にはおすすめできません。↓の写真で小さく見えているのが人です。断崖絶壁のような道が続くので注意しながら進みました。

IMG_7360
いったん下まで降りると西行法師が3年間滞在していた『西行庵』があります。その弟子の松尾芭蕉もこの地を訪れたことがあるようです。この付近に奥千本と書かれたボードがあるので記念撮影しました。

IMG_7364

IMG_7363
西行庵を出るとまた坂道が続いています。この坂を登りきると山頂に到着しました。見晴らしが良くて気持ちのいい場所でした。

IMG_7367

IMG_7368

IMG_7371
奥千本は桜を鑑賞するというよりは登山を楽しみたい人向けの場所かもしれません。何しろここに来るまでがハードな山道の連続なので、桜だけ楽しみたいという人は中千本辺りで引き返すのが良いと思います。奥千本まで行かれる場合は、歩きやすく滑りにくい靴で足元に気をつけながら慎重に進むことをおすすめします。車の通行は不可でした。

余談ですが後日大阪の山付近にある神社を訪れた時に、金峰神社が摂社として祀られていました。ご祭神が山の鎮守神なので、山中や山の近くにある神社に摂社が置かれているのかもしれません。

FullSizeRender


神社・お寺巡りランキング

4月のある吉日にかねてから気になっていた『星田妙見宮』に参拝してきました。初めて交野市を訪れましたが、JR京橋から片町線1本で簡単に行けたのでとても便利でした。星田駅で下車し、20分ほど歩きました。ところどころに星田妙見宮への看板(矢印)が設置されていたので分かりやすかったです。こちらが鳥居。すぐ隣に駐車スペースもありました。

ちょうどお花見シーズンだったのと、星田妙見宮の隣に『妙見の観桜』と言われる桜の名所があったことから人出が多く境内も賑わっていました。

FullSizeRender
鳥居をくぐると『七曜星降星伝説』の説明書きがありました。この神社の創建とも関わりがあるのですが、空海がお祈りをしていると天から7つの星が降ってきてそのうちの1つは妙見山(この場所)に落下したと言われています。空海はその後、妙見山にある大岩のところで出会った仏様をお祀りしたのが始まりだそうです。

IMG_7448
境内のあちこちに自分の生年から割り出される守護星にまつわる仏様が祀られています。自分のところにお参りすると良いようです。

星田妙見宮は神仏習合の神社でご祭神は以下の5柱になります。

天之御中主大神(アメノミナカヌシノオオカミ):宇宙の根源を司る神様

高皇産霊大神(タカミスビノオオカミ)神皇産霊大神(カミムスビノオオカミ):日本神話で天地開闢の際に高天原に現れた神様

仏教では北辰妙見大菩薩

道教/陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神

IMG_7252
妙見山を切り拓いてつくられた参道を歩いていると山の中にいるのが感じられます。参道を進むと隕石落下地点が突き当りにありますが、そちらは最後に紹介します。
手水舎には二体の龍が。水はオートになっていました。

IMG_7256
ここから階段を登って本殿に向かいました。途中休憩所もありますし、5分もあれば登れる程度の軽い坂です。

IMG_7257
こちらが本殿です。本殿付近に社務所もありました。

FullSizeRender
本殿上部に龍の彫刻が施されていました。

IMG_7262

IMG_7265
本殿の後ろにまわると『織女(たなばた)石』と名付けられた大きな石が鎮座していました。これは落下した隕石の一部というわけではなく、七夕伝説の織姫を祀る石だそうです。毎年7月6日、7日には『妙見七夕祭』というお祭も開催されているらしいです。石というより巨大な岩のようでした。近づけないようになっていたので柵の隙間から覗き来んで見ました。

IMG_7264
本殿に参拝した後、本殿背後にさらに道があることに気づき進んでみました。

IMG_7266
すぐ手前には龍王社が祀られていました。何かと龍に関するものが目に入ってきます。

IMG_7267
その奥には稲荷社がありました。実は今回お参りする前にYouTubeで星田妙見宮参拝動画を見ていたんですが、その投稿者の方は『ここの稲荷社は人を選ぶ』『近寄りがたいと思ったら近づかない方がいい』と言っていました。そんなことってあるのかなぁと思っていたんですが、特にそういうことは感じなかったので普通に参拝しました。

IMG_7268
この稲荷社付近の山がいびつな形をしていたんですが、816年妙見山に隕石が落下した衝撃で山の大部分が吹き飛ばされ現在の馬蹄形になったと言われているようです。816年と言うと遥か昔のことすぎて全然実感が湧きません。

登りとは違う道を通り下山しましたが、最後に訪れたのが『登龍の滝』という隕石落下地点です。説明書きにはペルセウス座流星群のなかのスイフト・タットル彗星のかけらが滝壺に落ちたと推測されているようです。

IMG_7269


IMG_7271
隕石が落ちた場所だったり宇宙の根源を司る神様が祀られていたりと、何やらすごい場所なんだということは分かりました。YouTuberがここは波動がすごいとかしきりに言っていたので何かあるのでしょうか。いつかもう一度訪れて体感してみたいです。



和歌山県立博物館を出てランチを食べた後、友達と待ち合わせをしている時間までまだだいぶあったので和歌山城公園内を雨の中散歩しました。公園内に護国神社があることは知っていたんですが参拝したのは初めてでした。

こちらの護国神社では明治戊辰の役以後に戦争などで亡くなられた方の英霊が祀られているようです。

FullSizeRender
昭和20年夏にはアメリカ機による爆撃を受け社務所が消失しています。その後も社殿が不審火に遭い社殿が全焼するなど何かと起きていて、平成2年に再建され地鎮祭が執り行われたようです。

FullSizeRender
境内は誰もいなくて雨音だけが聞こえていました。人はいなかったんですが鳩はかなりいました。鳥居の上にとまっているのは全部鳩です。

FullSizeRender
神社までは長い参道があり、公園外からは距離が感じられました。賑やかで華やかな天守閣近辺とは打って変わり静かでひっそりとした空気が流れていました。

FullSizeRender

FullSizeRender
神社周辺には慰霊碑が並んでいます。和歌山県は第二次世界大戦終戦一か月前に大きな空襲を受けています。和歌山市、岩出市、紀の川市などが爆撃対象となったらしいです。和歌山城も爆撃により一時は焼失してしまったそうです。友ヶ島に砲台が築かれたことは紀伊水道付近を通過する爆撃機を打ち落とすためだったんでしょうか。ちなみに和歌山大空襲の後、米軍機は堺市に向かい爆撃を行いました。
和歌山大空襲の被災者に亡きジャニー喜多川さんがいることを知って驚きました。

その夜は友達とほぼ一年ぶりに居酒屋に行きました。コロナが流行してからは居酒屋なんて長いこと行ってなかったので久しぶりに行けて嬉しかったです。広々とした店内で空いていたのでゆっくり料理を楽しむことができました。焼き鳥が特に美味しかったです。予約&ご馳走してくれた友達に感謝!送り迎えまでしてもらったし、随分お世話になりました。

これで和歌山滞在記は終わりですが、最後に翌日和歌山城の桜を見に行ったのでその時の写真を。隣にある動物園にもまた行きました。

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_7038

IMG_7043
その後中華料理をテイクアウトして友達の家で一緒に食べました。何回行くねん!って感じですね。本当にお世話になりました。今度は私がおもてなしするので楽しみにしていてください。(見てくれてるか分からないけど)

かなり長くなってしまいましたが滞在記をお読みいただいた方、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

このページのトップヘ