勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

勝手に堺市広報大使 イメージ画像

神社のこと

奥明日香を後にして甘樫丘の麓付近にある『甘樫坐(あまかしにいます)神社』を訪れました。近くには豊浦寺跡や難波池といった史跡があります。神社には鳥居はありませんでした。創建年は不詳で、江戸時代以降からは主祭神として推古天皇が祀られているそうです。推古天皇は第3
『またまた明日香村へ③ 推古天皇を祀る『甘樫坐神社』は古代の裁判『盟神探湯』が行われた場所』の画像

前回に引き続き、奥明日香を訪れた時の話になります。稲渕を抜けてさらに吉野方面に向かうと『栢森(かやのもり)』集落があります。加夜奈留美命(かやなるみのみこと)神社は村の中に鎮座する小さな神社でした。加夜奈留美命神社は延喜式内社で、祝詞式の中の『出雲国造神賀詞
『またまた明日香村へ② 栢森に鎮座する皇室守護・水神『加夜奈留美命神社』』の画像

前回大阪市城東区の白山神社に参拝し、森ノ宮方面まで向かいました。森ノ宮駅に到着して、玉造筋を左に曲がってすぐのところに今回ご紹介する『鵲森宮(森之宮神社)』が鎮座していました。かささぎもりのみやと読むそうです。この辺りの森ノ宮という地名もこの神社から来てい
『聖徳太子とその父母神がご祭神の『鵲森宮(森之宮神社)』【大阪市中央区】』の画像

前回、難波八阪神社に参拝しましたがその帰路、大阪メトロ四つ橋線大国町駅に向かう途中に今回ご紹介する『敷津松之宮(しきつまつのみや)』を見つけ参拝しました。大国町駅からは徒歩2分程の浪速区敷津西にある神社です。2番出口が最寄りでした。大国町という駅の名前と関係
『出世開運の神様・七福神の大黒天がご祭神『敷津松之宮』【大阪市浪速区】』の画像

↑このページのトップヘ