勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

カテゴリ: 古墳の魅力を伝え隊

真田幸村公最期の地として知られる『安居神社』を出た後、四天王寺エリア巡りの最後に茶臼山を訪れました。茶臼山は標高26mの低山で、1645年に徳川方と豊臣方に分かれて戦った『大坂冬の陣』、その翌年の『大阪夏の陣』の舞台となった場所です。
FullSizeRender
この戦いは『茶臼山の戦い』とも呼ばれているそうです。夏の陣では真田幸村公は豊臣方に属し、茶臼山に陣取っていました。冬の陣では徳川家康の本陣があったようです。

IMG_7944
低山なので2分もあればすぐに山頂まで辿り着きます。山頂には合戦の説明書きや石碑が立てられていました。

IMG_7945
この茶臼山は古墳であるという説もあり、古墳だとすると墳丘長約200mの前方後円墳であると考えられています。被葬者は不明で、1986年に行われた発掘調査では埴輪や葺石が見つからなかったので古墳ではないのではという声もあるようです。

IMG_7951
その後2009年に発掘調査が再び行われた際に、石室のようなものが発見されたようです。茶臼山は古墳なのでしょうか?

IMG_7949
茶臼山にはあべのハルカスが見える場所があります。
この赤い橋は『和気橋』という名前が付けられています。788年に和気清麻呂が上町台地の開削に失敗した跡地がこの『河底池』で、橋の名前もそこから来ているようです。

IMG_7953
橋の上からは通天閣が見えました。この橋は茶臼山と天王寺公園を結んでいます。茶臼山方面から橋を渡った先には天王寺動物園や大阪市立美術館、慶沢園(日本庭園)があります。この日はいずれの施設も新型コロナウイルス感染症の影響で閉鎖されていました。

IMG_7955
大阪市立美術館の前は大阪フリーWi-Fiエリアになっています。ここでしばらく休憩してからてんしばを散歩して帰りました。写真はてんしばから見えるあべのハルカスです。余談ですが、私は大阪市内にいる時いつもあべのハルカスの位置を確認する癖があります。だいたいどこからでも見えるのでついつい探してしまいます。

FullSizeRender
四天王寺から天王寺まで歩いてみましたが、こんなに人が少ないのは初めてでした。天王寺はやっぱり人で賑わっていて活気がある方が良いなと感じました。四天王寺エリア散策編はこれにて完結です。お読みくださりありがとうございました(*^^*)

2021年3月中旬の話になりますが、市役所に行く用事があったので堺市役所21階展望ロビーに立ち寄りました。高層階行きの直通エレベーターに乗って21階へ。ハニワ部長が出迎えてくれました。

FullSizeRender

地上80mの高さから360℃景色が楽しめます。まず百舌鳥古墳群の中でも最大規模を誇る古墳・仁徳天皇陵を探してみました。どこに何があるのか案内が書かれているのでとても分かりやすいです。



こちらが仁徳天皇陵。真上からくっきり前方後円墳が見えるのかと思っていましたが、少し高さが足りなかったようです。ここからだと広大な森のように見えました。

IMG_6722

大仙公園はこの辺りです。公園の後方部に広がる森のようなものが履中天皇陵ですね。履中天皇陵は日本で3番目に大きな古墳です。



IMG_6720

こちらが反正天皇陵古墳。その背後に聳えるツインタワーはベルマージュ堺です。ミュシャ館があるところです。

IMG_6723

こっちの方が前方後円墳に見えなくもない気がします。



この日は晴天で風のない日でしたが、ボランティアガイドさんいわくこんな日は光化学スモッグで遠方が霞んで見えるそうです。遠くまで見渡したければ風の強い晴天の日がベストらしいです。
こちらは高島屋。

IMG_6724

見えにくいですが、奥の方が旧堺港です。昔は世界の玄関口として開放されていた場所です。



IMG_6726

21階展望ロビーは朝9時~夜9時まで営業しています。夕焼けを見に訪れるのも良いかもしれません。年中無休で入場料は無料ですので、堺市にお越しの際は是非訪れてみてください♪

こちらの絵にはかつての堺の様子が描かれています。この頃にタイムスリップしてみたいです。

IMG_6725

何となくゴールデンウイーク期間なので毎日更新設定にしていますが、これを書いているのは3月半ばです。予約投稿ばかりしていたら随分先まで進んでしまいました。

今回は久しぶりに百舌鳥古墳群に数えられる古墳を一つ紹介したいと思います。百舌鳥古墳群と一緒に堺市のことも知ってもらえたら嬉しいです。堺市の簡単な紹介はこちらをお読みください。


善右衛門山(ぜんえもんやま)古墳は、いたすけ古墳後円部の南東側にある5世紀前半に築かれた方墳です。付近にあることからいたすけ古墳の倍塚(関連の深い古墳)だと考えられています。1辺は28m、高さは現存3mとそれほど大きくない古墳です。

FullSizeRender

過去の発掘調査によって周囲に濠が張り巡らされていなかったことや、2段に築かれた墳丘上に礫が敷き詰められていたこと、円筒埴輪が2mおきに等間隔で並べられていたことが分かっています。

IMG_6463

この2mおきというのが珍しいらしく、ここまで広間隔なのは百舌鳥古墳群の中で善右衛門山古墳だけのようです。善右衛門というのが人の名前みたいで気になります。由来は不明です。

IMG_6464

住宅街の中にあり、周囲は柵で囲まれていて立ち入ることはできませんでした。案内板が出ていないと気づかず歩き去ってしまうくらいの小さな古墳ですが、いたすけ古墳にたぬき家族を見に訪れた際はあわせて見学してみてはいかがでしょうか。

グーグルマップにちゃんと載ってました。

これまでに書いた古墳紹介のまとめページを作ってみることにしました。需要があるかは分かりませんが、古墳好きな方に見ていただけたら嬉しいです。また、古墳に興味がない方でもこれらの記事を見て身近な古墳に行ってみようかなと少しでも思っていただけたら幸いです(*^^*)

unnamed (7)

大阪府
●堺市にある古墳 世界遺産に指定された百舌鳥古墳群(古市古墳群に関しては一度も取り上げていないので今回は省きました)

前方後円墳
1.反正天皇陵古墳(田出井山古墳)…反正天皇の陵墓と言われています。前方後円墳。
2.仁徳天皇陵…日本最大規模の古墳。15年以上かかって築造。
3.二サンザイ古墳…百舌鳥古墳群3番目の大きさ。隣接する公園に形象埴輪のレプリカあり。
4.いたすけ古墳…たぬきの家族が住み着いている古墳。破壊の危機を乗り越え今にいたる。
5.御廟山古墳…四季を感じられる古墳。濠周辺に様々な花が植えられています。
6.履中天皇陵(ミサンザイ古墳)…日本第3位の規模の古墳。
7.丸保山古墳…仁徳天皇陵の倍塚。
8.旗塚古墳…大仙公園内にある。様々な形象埴輪が出土。
9.永山古墳…仁徳天皇陵付近にある。いつも鷺がいる。
10.長塚古墳…宅地開発の影響で濠が消滅。古墳パンが売られているパン屋『ロワール』付近に位置。
11.黒姫山古墳…堺市美原区にある百舌鳥古墳群に含まれない古墳。鉄製の甲冑などが出土。
12.定の山古墳…都市区画整理事業で丸ごと公園化された登れる古墳。
13.御廟表塚古墳…巨大な楠木の傍らに佇む登れる古墳。
14.収塚古墳…百舌鳥古墳群の玄関口にある小さな古墳。周辺には土産屋『もず庵』が。


円墳
1.桶の谷古墳…仁徳天皇陵の倍塚と考えられる。
2.狐山古墳…『堺おもしろ話 其の壱』狐の昔話にまつわる古墳。
3.七観音古墳…大仙公園南側にあり周囲には履中天皇陵を眺めることのできる展望台も。
4.グワショウ坊古墳…お坊さんのような名前のついた古墳。大仙公園内にある。

FullSizeRender
双円墳
1.金山古墳…南河内郡河南町にある全国的にも珍しい形状の古墳。石室に入ることができる。


方墳
1.銅亀山古墳…『どんがめ』の愛称で親しまれている古墳。百舌鳥古墳群の方墳の中では最大。
2.善右衛門山古墳...いたすけ古墳の倍塚と考えられる。


FullSizeRender

奈良県
1.石舞台古墳…明日香村にある石室が剥きだしの古墳。春になると桜と菜の花に囲まれた美しい風景が見られる。
2.キトラ古墳…四神の神獣の壁画が発見された円墳。壁画は隣接する四神の館で見学可能。
3.乙女山古墳…葛城氏の一族が埋葬されていると推測。馬見丘陵公園内にある。
4.一本松古墳…馬見丘陵公園内にあり墳丘に登ることができる。
5.ナガレ山古墳…馬見丘陵公園内にあり、1600年前の姿が復元されている。頂上から大和盆地を360度から眺めることができる。
6.都塚古墳…明日香村にある『金鶏伝説』が残る古墳。柵越しに石室の見学が可能。
7.高松塚古墳…『ふしぎ遊戯』ファン必見。朱雀・玄武・白虎・青龍から成る四神や、男女群像、星宿図の壁画が発見された。
8.西山塚古墳…山の辺の道の道中にある。手白香皇女の陵墓の可能性。
9.崇神天皇陵(行燈山古墳)…山の辺の道・天理トレイルセンターから見える。自然と調和した美しい古墳。
10.景行天皇陵(渋谷向山古墳)…柳本古墳群最大規模。山の辺の道沿いにある。
11.巣山古墳…馬見古墳群最大の古墳。馬見丘陵公園内にある。『喪船』が発掘された。
12.マルコ山古墳…明日香村にある山や田畑に囲まれた古墳。
13.岩屋山古墳…飛鳥駅周辺に位置。石室に入れて墳丘にも登れる古墳。



番外編
●古墳をテーマにした漫画
やまとは恋のまほろば』…第10回anan漫画大賞受賞作。大学で古墳研究会に入った女の子の恋あり古墳ありの癒し系漫画です。藤ノ木古墳や石舞台古墳が作中に登場。

●古墳ビューポイント
みくにん広場…三国ヶ丘駅屋上にあり百舌鳥古墳群を眺められるスポット。
堺市役所21階展望ロビー...地上80mの高さから360℃景色が楽しめる。入場無料。

許世都比古命神社を後にし、次に訪れたのは近鉄飛鳥駅西側に位置する『岩屋山古墳』。

古墳時代終末期にあたる7世紀前半に築造されたことが判明しています。

1968年に国の史跡に認定されました。

IMG_6098

昭和48年から発掘調査が開始され、その形状は一辺約54mで高さ約12mの方形墳であると推定されています。

FullSizeRender

岩屋山古墳は表面が磨かれた花崗岩を使った切石造の横穴式石室で、中に入ることもできます。

玄室の規模は長さ約4.8m、幅約1.8m、高さ約3m、羨道部は長さ約13m、幅・高さ約2mだそうです。

被葬者は、吉備姫王・巨勢雄柄宿禰・斉明天皇らのいずれかではないかと推定されています。

石室内分は薄暗く、日中でないと入るのは勇気がいるかもしれません。

それほど奥行きはありませんでした。

IMG_6099

花崗岩でできた石室内部の様子です。石が積み重なっています。

IMG_6100

内部から撮った写真です。

IMG_6101

岩屋山古墳は墳丘に登ることもできます。

墳丘の上からは飛鳥駅付近にある道の駅周辺が見渡せました。

IMG_6103

天気も良く山の稜線がくっきりと見えました。

ここで明日香村散策午前の部は終了です。

ランチを食べて飛鳥寺、石舞台、奥飛鳥方面を周遊してきたのでそのときの話はまた次回にさせていただきます。

明日香村再訪記、まだまだ続きます。


-岩屋山古墳-
所在地:奈良県高市郡明日香村越
最寄駅:近鉄飛鳥駅から徒歩3分

こうやって地図で見るとこの辺りには本当に古墳が集中していることが分かりますね。

牽牛子塚古墳や吉備姫王墓、牽牛子塚古墳にもいつか訪れてみたいと思っています。

似ているようで一つ一つ違った特色があるので古墳めぐりは面白いです。

このページのトップヘ