勝手に堺市広報大使

遺跡や神社めぐりが好きで、これまでに訪れた場所の記録や紹介記事を書いています。地元・堺のおすすめスポットも紹介しています。奈良が好きなので奈良によく出没します。

勝手に堺市広報大使 イメージ画像

古墳の魅力を伝え隊

今回は一本松古墳の紹介です。堺市内にも同じ名前の古墳があるようです。一本松古墳は墳丘に登ることができます。全長130mの前方後円墳です。濠や外堤は2006年に行われた発掘調査で確認されたようですが、現在は残っていません。外堤上面では埴輪棺墓と土杭墓が1基ずつ発見
『奈良・馬見丘陵公園内にある一本松古墳』の画像

馬見丘陵公園内には大小様々な古墳が点在していますが、今日紹介するのは全国で第二位の規模を誇る帆立貝式古墳・乙女山古墳です。右手の木々が生い茂っている内部にあるんですが、生い茂りすぎていてほとんど何も見えませんでした。上空から見ると帆立貝型をしていると思わ
『奈良・馬見丘陵公園内にある乙女山古墳』の画像

堺市や奈良県内にある古墳巡りをしていて古墳から出土された埴輪の存在を知りましたが、埴輪は「円筒埴輪」と「形象埴輪」に大きく分類されます。この写真にある円筒状の埴輪が円筒埴輪、その右の人を象った埴輪が形象埴輪で、物や人の形をしたものがこれにあたります。これ
『古墳時代の埴輪の形が持つ意味』の画像

明日香村完結編です。自転車で明日香村から壺阪山方面に向かって進んで行くと、道なりにキトラ古墳と四神の館があります。キトラ古墳は高松塚古墳が発見された後に、近所に似た形状の古墳らしきものがあるとの近隣住民の声によって発掘調査が始まったそうです。キトラ古墳は
『明日香村に行ってきた④ キトラ古墳と四神の館』の画像

前回に引き続き明日香村に行ってきた時の話になります。岡寺を出て向かったのは石舞台古墳。蘇我馬子のお墓という説が有力ではありますが定かではありません。石舞台古墳の大きな特徴は、墳丘がなく石室が剥きだしになっているところです。これは蘇我馬子の横暴さに反発し
『明日香村に行ってきた③ 石舞台古墳と酒船石、亀石』の画像

↑このページのトップヘ