キングダム愛を語る

2020年07月03日

キングダムとナナフラのこと

最近も変わらずキングダム大好き人間です。

ヤングジャンプのアプリで木曜0時に最新話が配信されているのでそれが一週間の楽しみです。

この頃大雨の日とか気圧の変化が大きい日は頭痛が酷くなったり体調が悪くなったりします。

低気圧の日用の薬が市販で出ているらしく、使ってみようか考えているところです。
IMG_2756
先月58巻が出ました。ナツコミの景品がもらえる7月にあわせて買いました。
IMG_2457
店頭のポスター。かっこいい✨主人公の信です。
FullSizeRender
今年はこういうノベルティでした。こうやって使うのかな?

今年初のスモモを食べました。スモモは漢字で李と書きますが、信の幼馴染・漂が王宮使えで姓を決める時大王が食べていたスモモから李という姓を取りました。

信が秦の将軍に昇格する時そこから漂と同じ姓を選択して「李信」将軍になったというエピソードがあります。

これは史実ではなく漫画オリジナルです。
FullSizeRender
この右のが去年のナツコミのノベルティです。左のは私が一番好きな登場人物の王賁で、信と同じタイミングで将軍に昇格しました。

実際史実で6か国中3か国を滅ぼし秦の天下統一に貢献した大将軍となる人物です。

セブンフラッグスことナナフラ(キングダムのスマホゲーム)も毎日ちょこちょこやっています。

課金せずにどれだけ強い武将を揃えられるかチャレンジしています。

ナナフラの紹介はこちらから↓


IMG_2378
IMG_2381
蒙恬が出て嬉しかったけど鬼神化できない(あんまり強化できない)蒙恬だったので、実践では使っていません。
IMG_2740
これは…武将なのか?
IMG_2764
だいぶ前のやつだけど楚の巨人は何回か出ました。かなり働いてもらっています。
IMG_2765
IMG_2761
IMG_2760
IMG_2763
課金しなくてもけっこう出ます。課金しても出るか出ないかは運次第なので。
IMG_2759
六将。
IMG_2758
韓の毒使い。
IMG_2762
副官任命印が貯まった時王賁をゲットしました✨
IMG_2757
近所の雑貨屋でなぜかアニメフェアをやってて、キングダムのはないだろうなぁと思ってのぞいてたらちょっとだけありました。

王賁見つけたので思わず買ってしまいました♡

フィギュアとかグッズを集める人の気持ちが分かった気がします。

引っ越しの準備をしないといけないからあんまり物は増やしたくないけど、キングダム関連のものを見つけたらまた買ってしまうかも…。

今日は完全に自己満足の話題でした。

次回は夏越の祓のことを書きたいと思います。

お読みいただきありがとうございました🌸

というか、この記事誰かに読んでもらえるかな…。

traja3250 at 19:00|PermalinkComments(0)

2020年05月18日

5月29日金曜は映画実写版『キングダム』地上波初放送!作品の魅力を解説




5月29日金曜は映画実写版『キングダム』を地上波で見ませんか?
 


unnamed (6)

私の一番好きな漫画と言っても過言ではないキングダムが2019年に実写映画化され大ヒット上映を記録しました。

実写映画は当たり外れが大きいのでキングダムがコケて酷評されたらどうしよう…と不安もありましたが完全に杞憂でした。

実際にこの映画がきっかけで漫画を読み出した人が周りにけっこういるので、実写映画化は大成功だったと思います。

映画版はWOWWOWでは何度も放送されていて10回以上見ましたが、今回初めての地上波放送なのでこれはキングダムファンを増やすチャンスだ!と思い記事を書くことにしました。

この記事がきっかけでキングダムの映画に興味を持ってくれる人が一人でも増えたら幸いです。


1.キングダムってどんな話?映画のあらすじ ※ネタバレあり


unnamed (3)

一言で言えば秦の始皇帝となる大王が中華を統一するまでのストーリーです。 主人公の信(しん)は身寄りがなく下僕として村でこき使われる日々ですが、同じく下僕の漂(ひょう)とともに下克上を目指して秦の大将軍になることを夢見て暇を見つけては剣術の特訓に励んでいました。

ある日、二人が剣術の稽古をしている場面を偶然通りかかった大臣・昌文君が漂を身請けしにやってきたのです。そこでは即答はしませんでしたが、漂は王宮に行くことを決め信と行きつく夢の先は同じだと決意を新たに二人は別れます。

漂が王宮に行ってしばらく経ったある夜、信が寝起きする小屋に致命傷を負って息絶え絶えの漂が現れます。漂は信にこの場所へ自分の代わりに行くようにと地図を渡し絶命してしまいます。絶望の中、信は漂の携えていた剣を手に地図に書かれた目的地へと駆け出しました。信が去った村にその後、漂に傷を負わせた刺客が現れその場にいた村人一家を殺害します。(漫画では信の場所を脅されて白状する場面のみで、殺害はされていません)

信が地図の村に着くと、漂に瓜二つの少年・秦の国王である嬴政(えいせい)がいました。 漂が弟・成蟜による王座を狙った反乱により命を狙われた王の替玉として殺害されたことを知り、信は怒りをぶつけます。そこに先程村を襲った刺客・朱凶(しゅきょう・朱凶は殺し屋一族の名)が現れ嬴政は命の危険にさらされますが、信が朱凶を倒します。不思議な被り物をした子供・河了貂(かりょうてん)の手引きもあって何とか追手から逃れました。


unnamed (7)

その後、味方である昌文君たちと合流しますが反乱軍には数では到底及ばないため、かつて前々王・昭王の時代に友好関係を結んでいた山民族である「山の民」に助けを求めに行くことにしました。かつて交流があったとは言えその後に山の民を迫害・虐殺し現在は交流が途絶えておりすんなり要求に応じてくれません。捕えられ信たちは殺害されそうになりますが、山の王・楊端和は信のある言葉に心動かされ協力を承諾します。仮面を取った彼女は若く美しい女性でした。

山の民を味方に加えた信たちは王座を奪還するため王宮へと向かいます。ここから先の王宮での戦いは5月29日地上波初放送の本編でご確認ください。結末はもう予想はつくと思われますが、嬴政は信たちの活躍により無事に王座奪還に成功し、ここから中華統一へ各国との戦い、そして信の大将軍への道が始まりました。

 

2.映画の見どころ

山の王・楊端和を演じる長澤まさみさんがとにかく美しい

unnamed (5)

長澤まさみさん演じる山界の覇者・楊端和がめちゃくちゃかっこいいです。

個人的MVPは長澤まさみさんでした。

日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を受賞された時は本当に嬉しかったです。

多様でかつ凶暴性のある山民族を武力で一つに統一した楊端和は強さと気高さ、美しさを兼ね揃えた女性ですが、長澤まさみさんはそれらを見事に演じ切っています。

迫力の殺陣シーンと、山の女王の独特なコスチュームに要注目です。

映画公開当時は長澤さんの太ももがセクシーだと話題になっていました。

スタイルが良くないと着こなせないコスチュームを見事に着こなしています。

楊端和の登場シーンは中盤以降になりますが、とにかくかっこいいのでお見逃しなく!


王座を巡る派閥争いの行方

unnamed (9)

吉沢亮さん演じる秦の国王・嬴政から王座略奪をもくろむ腹違いの弟・成蟜は純血主義者で、前国王と踊り子との間に生まれた嬴政が王位を継承することが気に入りません。

反乱軍を率いて王宮をのっとりますが、そこへ山の民という心強い援軍を率いた嬴政たちが現れます。

彼らは山の民の仮面をつけ、山の民に扮しています。

楊端和率いる山の民は秦国との同盟を持ちかけるという体で王宮へとやってきましたが、誰もそこに国王が混じっていることには気づきません。

彼らが正体とその目的を明かした時、王座奪還のための最後の戦いが始まります。


続編が気になる キーパーソンの登場 


unnamed (8)

今回の映画で所々に登場する大沢たかおさん演じる王騎に要注目です。

かつて昭王の時代に「秦の怪鳥」と呼ばれ中華に名をとどろかせていた彼は、秦国最強の将軍「6将」の一人でした。

彼の強さが分かる場面が映画終盤でも見られます。

王騎は後に主人公・信の師となり、とある出来事の後に信は王騎の武器である鉾を継承することになります。

劇中に出てくる王騎の武器にも注目してみてください。



キングダムは史実に基づいて描かれている 


unnamed

キングダムは秦の始皇帝が即位し、中華を統一するまでが史実に基づいて描かれています。物語の主人公である信も実在した人物で、彼は剣一つで大出世を遂げています。

映画続編では信の記念すべき初戦である対・魏戦が描かれるのではないかと思います。

物語を通じて将軍たちの新旧世代交代や信念が継承される場面も見られます。

秦国の立場から見ると対戦国の兵士たちは敵ではありますが、彼らも自国を守るために命をかけて必死で戦っているので一人一人にドラマがあり決してヒールではないように思います。

映画後のストーリーで登場する信の同世代である蒙恬(もうてん)と王賁(おうほん)にも要注目です。

信を含めた3人は中華統一において大活躍をしていくことになります。史実と重ね合わせながら原作を読み進めても面白いと思います。

映画を見て原作に興味を持った方は57巻まで発売されていますので是非読んでみてください。

笑いあり涙ありちょっと恋愛もありの何度読んでも飽きない傑作だと思います。


3.キングダムのスマホゲーム「セブンフラッグズ」が面白い


unnamed (11)

キングダムのスマホゲーム「セブンフラッグズ」通称ナナフラも面白いのでおすすめです。

ゲームタイトルの7つの旗は戦国7国を表しており、実際にゲーム内で国別対抗レイドバトルのようなものも定期開催されています。

活躍するとたくさんアイテムがもらえるのでついつい長時間プレイしてしまいます。

原作と同じストーリーをクリアしていくRPG形式のゲームもあり、映画を見て続きが気になった方はゲームをしながらストーリーを追っていくのもおすすめです。

クリア報酬やログイン報酬として貰える「覇光石」を集めると、ガシャを引くことができ運が良ければ強い武将を引くことができます。

新規ユーザー限定で強い武将が出やすくなっていたりと特典もあり、期間限定武将などのイベントもあります。

物語上では敵国の武将と秦の武将を同じ部隊にしたり、自由に編成できるのも面白いところだと思います。

ガシャで欲が出なければ課金を一切せずにゲームを楽しめます。

私はプレイ当時から王賁が出て欲しいと願い続けていますが未だ出たことはありません。


4.キングダムのアニメもおすすめ


今年の4月からアニメ第3期が放送されていましたが、現在はコロナの影響で放送休止しています。

第3期では6国が連合軍を結成して秦に攻めてくる絶対絶命のピンチに、秦の最強の将軍たちが立ち向かいます。

この合従軍編では秦が誇る将軍たちの活躍に加えて趙の軍師・李牧との戦術対決も見られますので是非チェックしてみてください。

キングダムで個人的に一番面白いのが合従軍編だと思います。


結論:キングダムはめちゃくちゃ面白いので是非映画を見てください


unnamed (1)

色々詰め込みましたが、とにかくキングダムはめちゃくちゃ面白いです。

5月29日金曜ロードショーで9時から放送されますので、是非一度ご覧ください。


traja3250 at 11:06|PermalinkComments(2)